ラプチャー郊外 -Suburbs of Rapture-

海底に沈んだ物の中にも有益な情報があるはず。

【ドイツ語小記事を読む】ハリーポッターと彼の生みの親 誕生日祝う

内容としてはとても軽いのでコーヒーを飲みながらでも。

元記事:

www1.wdr.de

 

Harry Potter und seine Erfinderin feiern Geburtstag

 「ハリーポッターと彼の生みの親が誕生日を祝う」

 [主語<S> Harry Potter¹ und seine Erfinderin¹] [動詞<V> feiern][Geburtstag⁴]

 -und -と(英:and)

 -seine 彼の(女性1格) -e. Erfinderin(発明者r.Erfinder+女性形-in)

 -feiern 祝う-r. Geburtstag(誕生日)

 

Die Romanfigur Harry Potter wird am Freitag (31.07.2020) 40 Jahre alt. Fans haben den Geburtstag aus den in den Büchern versteckten Hinweisen genau errechnet.

 「長編小説の登場人物であるハリーポッターは金曜日(2020年7月31日)に40歳になる。ファンたちは本に隠れた手がかりから誕生日を正確に割り出したのだ。」

[<S> Die Romanfigur¹ (=同格表現=) Harry Potter¹] [<V>wird][am Freitag (31.07.2020)][40 Jahre alt].

[<S>Fans¹][<V¹>haben][den Geburtstag⁴][aus den《冠飾句 in den Büchern versteckten》Hinweisen][genau][<V²>errechnet].

※BüchernとHinweisenは複数3格なのでn付

 -e. Romanfigur(長編小説r.Roman+登場人物e.Figur)

 -werden なる(3人称単数:wird) -am Freitag金曜日に(an dem[⇒融合してam] 金曜日Freitag)

 -s.Jahr 年齢

   -r.Fan ファン(pl. Fans) -haben 完了形の助動詞 -aus et³から

   -s.Buch本(pl. Bücher) -versteckt 隠れた(動詞,隠すversteckenから)

 -r.Hinweisヒント,手がかり -genau正確に -errechnen算出する(過去分詞:errechnet)

 

Mit mehr als 500 Millionen verkauften Exemplaren zählt die Harry-Potter-Serie zu den erfolgreichsten Büchern der Welt.

「5億を超える部数が売れたことでハリーポッターシリーズは世界の最も成功した書籍に数えられる。」

[Mit 《冠 mehr als 500 Millionen verkauften》 Exemplaren³][<V>zählt][<S>die Harry-Potter-Serie] [zu den erfolgreichsten Büchern³][der Welt²].

 -mit et³とともに、et³を以て

 -mehr alsより多い(mehrはvielの比較級)

 -e.Million 100万(500 Millionen = 500×100万= 5億)

 -verkauft売られた(売るverkaufenの過去分詞)

 -s.Exemplar(本の)冊,部 -zu et³ zählen: et³に数えられる

 -e.Serie シリーズ -erfolgreich成功した(最上級: erfolgreichst)

 -e.Welt 世界

 

Laut einer aktuellen repräsentativen Umfrage haben etwa 15 Prozent in Deutschland alle sieben Bücher gelesen.

「ある最近の代表的なアンケートによれば、ドイツではおよそ15パーセントの人が7冊の本すべてを読んだことがある。」

[Laut einer aktuellen repräsentativen Umfrage³][<V¹>haben][etwa][<S>15 Prozent¹][in Deutschland³][alle sieben Bücher⁴][<V²>gelesen].

 -laut et²またはet³: et²(or et³)によれば  -aktuell 今日的な

 -repräsentativ代表的な -e.Umfrage アンケート

 -haben 完了形の助動詞 -etwa およそ -s.Prozent パーセント

 -in et³: et³の中で -all すべての -sieben 7 -lesen読む(過去分詞:gelesen)

 

Potters Erfinderin, die britische Autorin J.K. Rowling, die heute ihren 55. Geburtstag feiert, hat ihn nicht sterben lassen. 

「今日55回目の誕生日を祝っている、ポッターの生みの親であるイギリス人女性作家のJ.K.ローリングは彼を死なせなかった。」

[<S>Potters Erfinderin¹]=[die britische Autorin¹ (=) J.K.Rowling¹],〔関係文 die¹ heute ihren 55. Geburtstag⁴ feiert〕,[<V¹>hat][ihn⁴][nicht][<V³>sterben <V²>lassen]. 

-britisch イギリスの -e.Autorin女性作家(作家r.Autor+女性形-in)

-heute 今日 -ihren彼女の(男性4格) -haben完了形の助動詞(3人称単数:hat) -ihn 彼を -nicht -ない -sterben 死ぬ -V lassen: Vさせる(過去分詞:lassen同形)

 

 

Jenseits der abgeschlossenen Buchreihe lebt Harry inzwischen auf der Bühne weiter: In dem Theaterstück "Harry Potter und das verwunschene Kind".

「本によるシリーズが完結したあと、今ではハリーはステージの上、劇作品『ハリーポッターと呪いの子』の中で生き続けている。」

[Jenseits der abgeschlossenen Buchreihe²][<V>lebt][<S>Harry¹][inzwischen][auf der Bühne³][weiter]:[In dem Theaterstück³(=)"Harry Potter und das verwunschene Kind"³].

-jenseits et²: et²の向こう側に -abgeschlossen 完結した -e.Buchreihe本のシリーズ(本s.Buch+シリーズe.Reihe)

 -leben生きる(3人称単数:lebt) -inzwischen今では -auf et³: et³の上で

-e.Bühne舞台 -weiter続けて -s.Theaterstück劇作品(劇場s.Theater+作品s.Stück)

-verwunschen魔法をかけられた  -s.Kind 子ども

 

【追記】verwunschenについて、形と意味合いから分詞に違いないがwünschenの過去分詞はgewünschtだ、うーむという声がありいろいろ調べてみました。

どうやらかつてはgewunschenという形も過去分詞として(主に南部で)あったようですが、今となっては古風であり、使用についても口語や方言にとどまるようです。それゆえ、verwunschen(=verzaubert)についても少し古めかしい語彙になるということです。

 

コルマールアルザス語を学ぶ-関係詞

 標準ドイツ語では関係代名詞は先行詞の性と数、関係文内での格によって指示代名詞とほぼ同じ変化をする(Ex: Der Apfel, den ich gegessen habe)

 

 一方アルザス語では先行詞の性・数に関係なくwoが用いられる

 

関係代名詞が主格(1格)または対格(4格)の場合は先行詞の後にwoが来るのみ

 Ex) D'Froi, wo uf'm Bànk sitzt (主格, DE: Die Frau, die auf der Bank sitzt, 標準ドイツ語では銀行を意味する場合およびベンチを意味する場合もdie Bankであるが、アルザス語では前者はd Bànk, 後者はd'r Bànkと性が変わる)

    Ex) D'r Apfel, wo-n-i g'asse (対格, DE: Der Apfel, den ich gegessen habe, -n-は発音上の母音連続を回避するためのものであるが、常に母音連続部分に入るわけではないという) 

 

関係代名詞が与格(3格)の場合、そもそもアルザス語ではよくinを伴って与格を表すため次のようになる。

Ex)  S Kind, in dam, wo-n-i s Velo gschankt hà, fàhrt jetz mit.  (DE: Das Kind, dem ich das Fahrrad geschenkt habe, fährt jetzt mit.)

Ex) D Froi, in dare, wo-n-i e Blüemestrüss gschankt hà, isch froh. (DE: Die Frau, der ich einen Blumenstrauß geschenkt habe, ist froh.)

 

 inの後に来ているのは指示代名詞である。 

 

 しかし先行詞がすでに与格である場合は後ろにそのまま関係代名詞woが来る。

Ex) Mini Froi het im Kind, wo-n-i s Velo gschankt hà, siner Pris gsait. (DE: Meine Frau hat dem Kind, dem ich das Fahrrad geschenkt habe, seinen Preis gesagt.)

 

 先行詞が場所や時の場合も直後にwoが来る。

Ex) d Bànk, wo-n-r schàfft (De: die Bank, wo er arbeitet)

Ex) In Strossburi, wo se gelabt het, gitt's e scheens Minschter. (DE: In Straßburg, wo sie gelebt hat, gibt es ein schönes Münster.)

 

 次に、特定の前置詞を伴う動詞(標準ドイツ語の auf et⁴ warten等)がある関係文についてであるが、先行詞が人や動物であるか、モノであるかによって表現方法が異なるところがある

 

 まずは先行詞が人や動物である場合、次の2通りの表現方法を用いることができる。

 

A. 先行詞の後にwoを持って行ったのち、関係文内の動詞に係る前置詞が先行詞の性に応じた人称代名詞(こちら)とくっつく。

Ex) Ich wàrt uf ne. (DE: Ich warte auf ihn.) >

s isch dr Frind, wo-n-i uf ne gewàrt hà. (DE: Das ist der Freund, auf den ich gewartet habe)

 Ex) s isch d Froi, wo-n-i mit 're ghiirot bin.  (DE: Das ist die Frau, mit der ich verheiratet bin.)

 

B.先に紹介した"与格の場合"のような構造(こちらの方がより一般的だという。)

Ex) s isch dr Frind, uf danne, wo-n-i wàrt.

Ex) s isch d Froi, mit dare, wo-n-i ghiirot bin.

 

 先行詞がモノである場合も2通りあるが、一方は先行詞が人や動物である際のB.の手法(uf danne, woやmit dare, wo等)と同一であるため、もう一方を以下で紹介する。

 

C. 先行詞の後にwoを持って行ったのち、関係文内の動詞に係る前置詞とde/drの融合形(標準ドイツ語のda[r]- : dabei,drauf等)を置く。

Ex) D'r Brief, wo-n-i druf gewàrt hà, isch kumme. (DE: Der Brief, auf den ich gewartet habe, ist gekommen.)

Ex) D'r Stüel, wo-n-i drowwe/druf g'sasse bin, isch jetz hien. (DE: Der Stuhl, auf dem ich gesessen bin, ist jetzt kaputt.)

 

 不定関係代名詞wàs, werについては標準ドイツ語とほぼ同じである。

 

A. wàs
Ex) Dü brüchsch nit àlles ze wisse, wàs i dank. (DE: Du brauchst nicht alles zu wissen, was ich denke.)

Ex) s Scheenschte, wàs i gsah hà i mim Lawe, bisch dü.(DE: Das Schönste, was ich in meinem Leben gesehen habe, bist du.)

Ex)Ar het nit verstànde, wàs i gsait hà.(DE: Er hat nicht verstanden, was ich gesagt habe.)

B. wer

Ex)Wer làng lawe will, (dar) müess gsund asse.(DE: Wer lange leben will, (der) muss gesund essen.)

コルマールアルザス語を学ぶ-表現「~しながら」

「私はコンピュータで遊びながらドイツ語を勉強する。」は標準ドイツ語では「Ich lerne am Computer spielend Deutsch.」などと表現でき、この場合は現在分詞を用いて「遊びながら」としているが、アルザス語には現在分詞が基本的に存在しないため、別の言い回しを採る必要がある。

 

Kaiserkueche先生が挙げた「Ich lache essend/私は食べながら笑う」という例文をもとに複数のパターンを見ていく。

 

1. ich làch iwwer'm asse

2. àllem àss i iss, làch i

→àllem àss = ~している間

3. wahrend'm Asse làch i (動詞の名詞化)

4. wahrend àss i iss, làch i (名詞化なし)

 

ここで初めの文に戻ってアルザス語訳する。

 

Ich lehr Hochditsch àllem àss i àm Computer spiel.

 

 

 

 

コルマールアルザス語を学ぶ-所有格について

 標準ドイツ語には属格(2格)があり、例えば「父のは青い」であれば「Das Auto des Vaters ist blau」のように表すことができるが、アルザス語やスイス・ドイツ語では属格は存在しない。

 

 アルザス語では以下2種類の方法で所有を表現することができる。

 

1. 名詞 + vun + 名詞(与格/3格):人とモノ両方に対して使える

ex)  de Wàje vum David (ダーフィットの車, vumのmは男性与格の意)

2. in + 固有名詞(与格) + sin/ir(固有名詞の性+格変化) + 名詞  所有者が主に人の時

ex) im David siner Wàje

 

---

実例

youtu.be

 

【0:13】

de Mittelpunkt vum Aschprinz sini verganglige Reich

(日本語版訳:薪の王たちの故郷が流れ着く場所さね)

 

分解すると、

 

a. de Mittelpunkt vum Aschprinz

                      b. (与格) Aschprinz sini verganglige Reich

 

b. 灰の王漂流する国

                     a.の中心点

 

【1:37】

Im Farron sini Legion vun Untoti...

(日本語版訳:ファランの不死隊、)

 

分解すると

 

c. Im Farron sini Legion

                       d.Legion vun Untoti

 

c. ファロンの

                d.不死の軍団

コルマールアルザス語を学ぶ-発音(母音)

ここでもKaiserkueche先生の説明を残しておく。

短母音:
/i/ イ    i  Lit, Ditsch, bisse
/e/ 狭いエ  ì  Fìsch, gebìsse, Stìmm
/ɛ/ エ   e  Bett, Mensch
/a/ ア   a  Barig, asse, Flacke
/ɒ/ ア〜オ à  Wàsser, Hànd, gànz
/ɔ/ オ   o  Kopf, Gott, Loch
/ʊ/ 狭いオ u  Butter, kurz, schuld
/y/ 〜ユ  ü  üs, Hüs, Hüt, süfe
/ə/ 〜ウ  e  asse, màche, Hàfe
※ /ʊ/はフランス語とドイツ語のuではないむしろoとuの間。

長母音:
/iː/ イー    i, ii  schriiwe, fiire
/eː/ 狭いエー  ee, eh scheen, geh
/ɛː/ エー   珍しい
/aː/ アー    a, ah Kaas, sah
/ɒː/ ア〜オー à, àh Gràs, Stàhl
/ɔː/ オー   o(+j) froje, Woj
/ʊː/ 狭いオー o, oh schlofe, Johr
/yː/ 〜ユー  ü, üü Bür, schnüfe
※ /ɛː/はとても珍しいゆえここでは例がない。

二重母音:
/ai̯/ アィ ei, ai nei, gsait, Freiheit
/ɛi̯/ エィ ej  nej, gschejt, unmejlig
/ɔi̯/ オィ oi  geboit, Soi, Froi, Oig
/iə/ 〜イゥ ie mied, flieje
/yə/ 〜ユゥ üe güet, Rüej

二重母音の長い版:
/aːj/ アーィ aj Waj, naje, Raje
/ɔːj/ オーィ oj Froj, ploje
/ɒːj/     àj Dàj, sàje

コルマールアルザス語を学ぶ-人称代名詞

f:id:lespaulsaku:20200403202015p:plain

強調の有無についてルールではないが以下のような傾向がある。

代名詞を強調したいとき, ich, dü等が用いられる。文頭に代名詞がある時もこちらの形が使われやすい。

・それ以外の場合、例えば動詞の後ろに代名詞が来る場合mr, s等簡略化されることが多い。

 

Kaiserkueche先生の挙げた例文を参考に。

-ja wàs triibsch dann do? (DE: Ja, was treibst dann du da?)

- màchsch ebbs mit mr! (DE: Du machst etwas mit mir!)

-er will immer mit mr asse. - war? - ar do! (DE: Er will immer mit mir essen. - Wer? - Er da!)

-sinn se schu kumme? (DE: Sind sie schon gekommen?)

-jetz hà mr fertigg'asse. Àwer ihr no nit. (DE: Jetzt haben wir fertig gegessen, aber ihr noch nicht.)

-i bin do. (DE: Ich bin hier.)

-ich hà ebbs gschriwwe. - Dir hàw i ebbs gschriwwe. - Dàs hàw i dr gschriwwe.(DE: Ich habe etwas geschrieben. - Dir habe ich etwas geschrieben. - Das habe ich dir geschrieben.)

---

人を指すとき男性にはar,ine,im 女性にはsie,sie,ireを用いるのが一般だが、好意を寄せている少女や女性に対しては中性のas,ins,imが用いられる人名に定冠詞を付ける際も中性の定冠詞sが用いられる(Kaiserkueche先生曰くこれは日本語の「ちゃん」に近く、目上の人や初対面の人には用いない)。

逆にモノに対してはes/s, es/s, 'mのみを用い、as,ins,imは用いない。

 

-Ins hàw i gsahn. (DE: Das habe ich gesehen.)

-ich hà's gsahn.(DE: Ich habe es gesehen.)

-s Chloé isch do. (DE: Chloe ist da.)

-ich hà geschtert s Marie gsahn. (DE: Ich habe gestern Marie gesehen.)

-ich hà-n-e Brief im Charlotte gschriwwe.

 

 

 

【歌詞和訳】Krupp und Krause【ドイツ語】

www.youtube.com

【和訳】

国を二つに分ける深い亀裂が

ドイツに生じている

それは今に始まったことではないが

とても興味深いことだ

クルップとクラウゼ」の例は

ドイツの分裂の本当の

過程を明らかにする

「階級への疑問としてよく聞くんだ!」

 

というのもクルップは持つ者で

クラウゼは持たざる者だからだ

これは階級闘争

それは誰もが理解している!

 

産業のボスともいえるクルップ氏は

富んだ支配者たちのクラブで

工場や鉱山を持っていて

そこで何千人もの労働者を養っている!

そのうちの一人として

クラウゼは来る日も来る日も働いている

クルップ社の工場で、時給5マルクのために!

 

というのもクルップは持つ者で

クラウゼは持たざる者だからだ

これは階級闘争

それは誰もが理解している!

 

クラウゼが毎時間作っているものは

5マルク以上の値打ちがある

その余剰価値はクルップに搾取される

何故なら工場は彼のものだからだ!

そして何千人もの同僚が

毎日クラウゼのような状況下にある

クルップ氏は常にその余剰価値を

売却差益として持っていってしまうのだ

 

というのもクルップは持つ者で

クラウゼは持たざる者だからだ

これは階級闘争

それは誰もが理解している!

 

景気は緊迫しており

それは労働市場も同じである

クラウゼは「クルップのパートナー」と呼ばれる

というのも彼は今まさに需要があるからだ

しかし経済の雲行きは怪しく

注文状況も芳しいものではない

それらはクラウゼの仕事に

解雇、減給となって襲い掛かる!

 

というのもクルップは持つ者で

クラウゼは持たざる者だからだ

これは階級闘争

それは誰もが理解している!

 

この国家における分裂は

次のように説明できよう:

力を富をクルップが持つことは

クラウゼにとって危険なことだ!

"もう一方のドイツ"では

クルップなどいない

そこではクラウゼたちこそが

東ドイツのリーダーなのである!

 

クルップが二度と

そこで地固めできなくなるように

クラウゼは東ドイツのために努力する

それは賞賛されるべきことである!