ラプチャー郊外 -The suburbs of Rapture-

旧「次元の戦車道」。海底に沈んだ物の中にも有益な情報があるはず。

【Five Nights at Freddy's】 電話男(Phone Guy)のメッセージ和訳【Night 3】

引き続き『Five Nights at Freddy's』3夜目の電話メッセージになります。

・2夜目はこちら

・4夜目はこちら

 

Night 3:

3夜目:

 

Phone Guy - "Hello, hello? Hey you're doing great! Most people don’t last this long. I mean, you know, they usually move on to other things by now. I'm not implying that they died. Th-th-that’s not what I meant. Uh, anyway I better not take up too much of your time. Things start getting real tonight.

電話男 - 「もしもし、もしもし?なぁ、やるじゃないか!殆どの人はここまで長くは続かないよ。分かるだろう?大抵みんな他のところへ行っちゃうんだ。死んだわけじゃないよ?ぼ、ぼ、僕はそんなことは言ってないさ。ともかくあまり時間は取らない方がいいな。今夜の”仕事”も既に始まっているからね。

 

Uh... Hey, listen, I had an idea: if you happen to get caught and want to avoid getting stuffed into a Freddy suit, uhh, try playing dead! You know, go limp. Then there's a chance that, uh, maybe they’ll think that you're an empty costume instead. Then again if they think you're an empty costume, they might try to... stuff a metal skeleton into you. I wonder how that would work. Yeah, never mind, scratch that. It's best just not to get caught.

あー、なぁ、聞いてくれ、良いことを思いついたんだ。 君がたまたま捕まったとして、フレディースーツに詰め込まれるのを避けたいなら、死んだふりをしてみよう!体をだらんとさせるんだ。そうすれば彼らが君のことを中身の入ってない着ぐるみだと思い込むかもしれない。そうすれば生き残れるチャンスが―いや、今度は鉄の骨組みを入れようとしてくるかもしれない。僕もどうなるか分からない......あぁ、今のは忘れてくれ、まずは捕まらないことが一番だ。

 

Um... Ok, I'll leave you to it. See you on the flip side!"

えぇと...よし、後のことは君に任せた。それじゃあまた明日!」