ラプチャー郊外 -The suburbs of Rapture-

旧「次元の戦車道」。海底に沈んだ物の中にも有益な情報があるはず。

【Five Nights at Freddy's】 電話男(Phone Guy)のメッセージ和訳【Night 2】

前回に引き続き、『Five Nights at Freddy's』の電話メッセージを自分向けに和訳しました。

 

Night 1のメッセージの和訳はこちら

 

 

Night 2:

2夜目:

Phone Guy - "Uhh, Hello? Hello? Uh, well, if you're hearing this and you made it to day two, uh, congrats! I-I won't talk quite as long this time since Freddy and his friends tend to become more active as the week progresses. Uhh, it might be a good idea to peek at those cameras while I talk just to make sure everyone's in their proper place. You know...Uh... Interestingly enough, Freddy himself doesn't come off stage very often. I heard he becomes a lot more active in the dark though, so, hey, I guess that's one more reason not to run out of power, right? I-I also want to emphasize the importance of using your door lights. There are blind spots in your camera views, and those blind spots happen to be right outside of your doors. So if-if you can’t find something, or someone, on your cameras, be sure to check the door lights. Uh, you might only have a few seconds to react... Uh, not that you would be in any danger, of course. I'm not implying that. Also, check on the curtain in Pirate Cove from time to time. The character in there seems unique in that he becomes more active if the cameras remain off for long periods of time. I guess he doesn't like being watched. I don't know. Anyway, I'm sure you have everything under control! Uh, talk to you soon."

 

電話男 - 「えぇっと、もしもし、もしもし?えー、君がもしこれを2夜目に聞いているなら、まずは祝福の言葉を贈るよ。おめでとう!今回はあまり長くは話さない、フレディと彼の友達は週が進むにつれてもっと動きが活発になる傾向があるからね。えぇと、こうやって僕が話している間にも彼らの居場所を監視カメラでチェックするのは良いアイデアだろう。ただ面白いことに、フレディはなかなかステージから動かないみたいだ。暗闇ではもっと彼が活発になるって聞いていたから、もしかしたらここでもう少し電力消費を抑えられるんじゃないかって思ったんだ、そうだろう?そこでドアライトが重要になってくる。君が見る監視カメラには死角がある。このことに留意しないと彼らが知らず知らずのうちにドアのすぐそばまで忍び寄って来るという事態に陥るかもしれない。だからもし、もし君が監視カメラで彼らの姿を確認できなかったら、必ずドアライトを点灯するんだ。もしかしたら反応するために数秒しか猶予がないかもしれない......あぁいや、もちろんとてつもない危険にさらされることはないよ。そんなことを言うつもりはない。加えて、”海賊の入り江”のカーテンは時々確認すること。カーテンの中に潜んでいる”ヤツ”は長い間カメラで見ていないと猛スピードで君のところへ走って来るだろう。彼は監視されるのが好きじゃないみたいだ。そんなこと知ったこっちゃないけどね。ともかく、君ならきっと全てを制御下におけるはずだ。またすぐ後にでも話そう。」